So-net無料ブログ作成

海がきこえる (徳間文庫) [読書日記]

発行 1999-06
徳間書店
氷室 冴子
レビュー(感想)
久々に思うところがあって読み返した、氷室冴子。

やっぱりいい。とってもいい。

高知と東京、現在進行形の出来事、
そしてフラッシュバックして心象風景をトレースする。
終わり方も、キラッと鮮やかな夜景で終わるところが ワンダフル。

拓と里伽子、この先どうなるんだと
刊行当時はやきもきしてました。
今は、むふふ・・・・・・・・・

文庫版の表紙がアニメ版になってるのが
ちょっと残念。近藤さんのイラストだったら・・

(Vol.605 2010年01月18日 23:52)
タグ:氷室 冴子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。